ATMコンビニキャッシングとは??

初めてキャッシングを利用する方がまず考えるのは、『そもそもキャッシングって何?』『カードローンとどう違うの?』ということではないでしょうか。
今回ご紹介するコンビニキャッシングで使用するのは、クレジットカードに付帯する小口融資が主となります。
現金を借り受けするという意味ではキャッシングもローンも同じものですが、キャッシングは多くても50万円程度の少額な融資を指します。
ローンほど大金は借りられませんがその分審査が厳しくなく、急な用入りにすぐ対応できる小回りの利いたお金の借り方となります。
基本的には翌月一括返済となり、金利もローンと比較すると割合は高めです。
しかしながらそもそも少額の借り入れとなるため利子の金額は小さいものとなり、賢く利用すれば気軽なうえにとても便利なシステムと言えるでしょう。

 

コンビニキャッシングの利用方法

それでは実際にコンビニキャッシングを利用する際の流れを説明していきます。
コンビニへ行く際目にされたことがあると思いますが、どの店舗にもセブン銀行やローソン銀行、E−net(ファミリマート)などの端末が設置してあります。コンビニキャッシングではこれらの端末を使用して現金を借り受けます。
細かい表示は少しずつ異なりますが、一般的なATM端末の使用手順は以下の流れになります。
1.画面のタッチパネルから『引き出し』を選択する
2.使用するクレジットカードをカード差し込み口へ挿入する
3.ご自分の暗証番号をタッチパネル等から入力する
4.『借り入れ』を選択する(クレジット機能の無いキャッシュカードでは表示されません)
5.借り入れ金額を入力する
6.返却されたカード、現金、明細を受け取る
読んで頂くと感じると思いますが、銀行口座から現金を引き出すのと大差ありません。
急いで現金が必要なときに煩わしい操作が必要ないということはありがたいですね。

 

コンビニキャッシング利用の注意点

便利なコンビニキャッシングですが、利用する際に覚えておかなければならない点もあります。
まずは、『ご利用は計画的に!』。当たり前のことですね(笑)
つぎに、ATMでキャッシングを利用する際は、金利の他にATM利用手数料が発生します。
1万円以下の借り受けで108円、1万円より多く利用する場合は216円です。2019年10月に消費税の増税が予定されていますので、これらの手数料も変動する可能性があります。
そして、クレジットカードを利用したキャッシングは、ショッピング利用枠と連動していることも覚えていてください。
例えばクレジットカードを作るとき、ショッピング利用枠を100万円・キャッシング利用枠を30万円に設定して申し込みをしたとします。
このキャッシング利用枠の30万円は、ショッピング利用枠の100万円に含まれます。同月に80万円のショッピング利用枠を使用した場合、キャッシング利用枠は20万円まで減少します。
逆を言えば10万円のキャッシング利用枠を使用すればショッピング利用枠は90万円まで減少します。
クレジットカードのショッピング利用枠は、キャッシング可能な金額を含んだMAX価ということですね。

 

コンビニキャッシングまとめ

最後に、内容を大枠でまとめてみましょう。

 

・コンビニキャッシングとは、クレジットカードに付帯する機能を利用した小口融資
・ローンより少額だが、その分手軽に利用できる
・コンビニ各店に設置してあるATMやマルチメディア端末で利用可能
・コンビニの端末では利用手数料が発生する
・キャッシング利用枠はクレジットカード作成時に申し込んだショッピング利用枠と連動

 

月末や突然のイベントなど、急に現金が必要になる場面はたくさんあります。
手軽に始められるコンビニキャッシングを賢く利用して、毎日の生活に役立たせてくださいね。